« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月23日 (土)

11月の「おしゃべり広場」のご案内

11月の「おしゃべり広場」のご案内

「おしゃべり広場」毎月第3火曜日 

  11月 16日(火)

   家 族 13:15~15:00 

   当事者 15:00~16:45

   柏市 柏中央公民館4F  会議室1

 

「夜のおしゃべり広場」毎月第1・第3金曜日

  11 月 5日(金)19:00~20:45 

   我孫子市 けやきプラザ内

   我孫子南近隣センター 和室

  11 月 19日(金)19:00~20:45 

   我孫子市 けやきプラザ内

   我孫子南近隣センター  和室

  

回復されていたり・服薬しながら働いて

  いる当事者対象です。

来月もまた皆様のご参加お待ちしています。また主旨に賛同されて賛助会員になって下さる方、お手伝いして下さる方募集しています。

|

10月の「おしゃべり広場の様子

10月の「おしゃべり広場」の様子

ここに来て急に秋の気配が濃くなってきたと感じます。朝晩は少し肌寒く我が家では暖房のスイッチを入れる日が増えてきました。今年の夏はとにかく暑かったのでその影響か当事者の皆さんが体調を崩されて当会に参加できなかったと話されていた方が何人かいらっしゃいました。大変だったと思います。

話は変わりますが、役所のシステムの変更により、会場の予約が取りにくくなっています。今月も当日になって急に場所が変更になり、皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。思うのですが、公共性のあるボランティア活動をしている団体には、抽選ではなく優先的に対処していただけると助かるのですが・・・

参加者   家 族   10名

      当事者   11名

今月は当ザフト発足のきっかけとなった当事者の宮城秀樹氏が久し振りに家族、当事者の会両方に初めから参加しました。うつが寛解し、社会の一員としてバリバリ働いているそうです。今までの体験談を交えながら、皆さんの様々な質問に答えてくれました。また皆さんに所望されたので、氏の趣味である手作りの笛(ケーナ)の演奏もしてくれました。温かみのある音色にしばし心が癒されました。とても7~8年前はザフトに参加しても会場の隅っこで寝ていたとは想像できません。そのパワーは、皆さんの気分を明るくし、この病気は必ず良くなるんだという明日への希望を感じさせてくれました。

ザフトでは、他にもすでに寛解された方が数名参加してくれます。毎回的確なアドバイスをして下さるので、きちんと病気を理解でき、今現在苦しんでいる家族、当事者の皆さんの良き手助けとなっています。

|

七転び八起き 178

◇やっぱり天気が一番

今年の夏は記録的な猛暑が続き、関東ではもう太陽なんて要らないと言うくらい天気の日が続きました。ところが9月の中旬を過ぎると一転涼しくなり、秋雨前線による秋の長雨の兆候が現れてきました。

本当に極端な天気の変動に体調を崩している方もいるかと思いますが、どうぞ健康には十分すぎるほどご注意ください。特に私たちの病気は、何が引き金になって調子が悪くなるかわかりませんので、その要因を少しでも少なくしておくことが、調子を維持していく上で大事なことだと日頃から思っています。

話がちょっと横道に入ってしまいましたが、天気の悪く比較的寒い日(今までが良すぎたのですが)が続くと、現金なものであれほどいやだった太陽が恋しくなってきて、やっぱり晴れ間が愛しく、「何よりも天気の日が一番だな」と感じる最近の心境です。

PS:特にこれからの季節、徐々に寒くなっていくにつれ、一段とそんな気持ちになる日が多くなっていくでしょう。今日は本当にいい天気、秋晴れです。

sun     sun

|

2010年10月 2日 (土)

七転び八起き 176

◇ザフトとの距離

最近、日常の雑事にかまけてザフトの仲間達との集まりにも、かなり長い期間参加しておりません。たまには出たいと思いながらも、どうしても他の用事にかこつけ、自分の仕事と家族との生活が第一と半分自分に言い訳し、これまで過ごしてきました。最近の私とザフトとの関わりと言うと、このような形でたまに書くブログを通して、近況を知ってもらうことが唯一と言っていいかもしれません。

でも決して自分の気持の中で、ザフトから遠ざかろうと言うようなつもりはありません。ザフトの方で何か必要があるならば、いつでもお手伝いする気持ちはありますし、反対に自分の方で相談事があれば、いつでも相談にのってもらおうと言う気持ちは常に持っており、今でも自分にとって精神的に貴重なバックボーンであると思っています。

うつ病を経験し復職した人(寛解した人を含め)にとってザフトとの関係は、あまり近すぎず、かといって完全に切れることなく、このくらいの距離がいいのかなと個人的には思っています。もちろん自分に十分な余力があれば、もっと積極的にザフトの活動に関わっていくことが望ましいに越したことではありませんが、今の自分の体調と職場・家族等自分の周りの環境を考えたとき、今のような関係(距離感)でいいのかなと思っています。

(時間が経てば、また考え方も変わるかもしれませんが)

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »