« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月25日 (木)

3月の「おしゃべり広場」のご案内

3月の「おしゃべり広場」のご案内

「おしゃべり広場」 

  3月 16日(火)

   家 族 13:15~15:00 

   当事者 15:00~16:45

   柏市 柏中央公民館4F  会議室1

「夜のおしゃべり広場」

  3月 12日(金)19:00~20:45

   我孫子市 けやきプラザ内

   我孫子南近隣センター  2会議室

  3月 19日(金)19:00~20:45

   我孫子市 けやきプラザ内

   我孫子南近隣センター  和室

*今月はセンターの行事の都合により、第1金曜日ではなく第2金曜日になります。皆さんお間違えの無いように。

回復されていたり・服薬しながら働いて

 いる当事者

八千代の「おしゃべり広場」

  3月 3日(水)13:00~16:00

   八千代市障害者福祉センター

  家族のみ

    

  皆様のご参加お待ちしています。

| | コメント (0)

2月のおしゃべり広場の様子

2月の「おしゃべり広場」の様子

この頃ようやく暖かくなりましたが、当日は今にも雨が降りそうなとても寒い日でした。そんな中をご参加下さりありがとうございました。家族会の方は、珍しく女性だけだったので井戸端会議のような感じで、ワイワイと四方山話などをして楽しく過ごしました。当事者の方は、男性の方が多かったです。皆さん次のステップアップを目指していていろいろな話題が出ました。

参加者   家 族   5名

      当事者   6名

当事者の息子が、旅先でアクシデントに遭い、入院してしまった。お金だけ送れば良いと言われたが、心配で夫婦で迎えに行った。その気持ちが伝わったのかそれまでは、自分に暴言を吐いていたが、この頃は普通に会話し、ちょっとした手伝いをしてくれるようになった。少し落ち着いたように思う。このまま行ってくれるといいと思う。

・入って来た時、顔がにこにこしていました。こんなちょっとしたことが家族は嬉しいのです。当事者本人も辛く苦しいけど、家族も同じように辛く苦しいのです。

当事者の主人は、昨年12月に退職し就活中。とにかく良く寝ています。前は寝ていられるとイライラしたが、ザフトで寝ることは治療においてとても大事だからと言われてから、どんどん寝てね~という気持ちになった。でも、姑の介護をしながら生活しているので、どうしてもストレスが溜まってしまう。ときどき買い物の途中一人でファミレスでコーヒーを飲んだり、おいしいケーキを食べたりと自分にご褒美をあげています。

・家族がストレスを溜めないようにすることはとてもいいことですね。あまり他では話せないこともザフトなら、お互い様!おおいに話してストレス発散をしましょう。

朝からくだらないことを考えてくよくよする時があるが、土手をウォーキングしていると、珍しい鳥がいたりして、自然に癒されて気分転換になっています。

・当事者その人にあった気分転換の方法が見つかれば、回復は早くなるのでしょうね。

ディケアーに行こうと思ってから半年かかったが、1月から通いだした。自分なりに予定を決めて通っているけど、予定どおりに進んでいて嬉しい。

・他の経験者とディケアーについていろいろなことを話し合いました。これから行ってみたいと思っている人には、1度話を聞きに行くなり、体験してみるといいとアドバイスがありました。

自立支援を受けられるようになった。経済的にとても楽になった。

・公的に使えるものはどんどん利用しましょう。国民の権利です。

| | コメント (0)

2010年2月20日 (土)

七転び八起き 166

◇ようやく形になりました

昨年の6月から始まった我が家のマイホーム計画も、ようやく最終段階に入ってきました。(とは言っても、まだあくまでも計画〔設計〕段階のことですが)

当初は私の一方的な思いから始まったマイホーム探しです。最初は防犯や老後の生活(維持管理)等を考えて、一人で勝手に「マンション」と考えていましたが、家族間での話し合いで、最終的には「一戸建てが良い」と言う意見が大多数を占め、一転方向転換して土地探しを始めました。いざ土地探し始めてみると、我が家で賄える資金内で手に入る場所は、現在の住まいから数駅離れたところで、末っ子(中学二年)の通学を考えると現時点での転校は、なんとか避けたかったので、一度は諦めかけました。

それが一転、近くに手ごろな土地が見つかり、とんとん拍子に事が運んで、土台となる土地を入手することができました。以前聞いたことがありますが、難産していても動き出すとそんなものだそうで、まさにその言葉を地で行くような経験でした。

土地は決まったものの、実際に自分が住む家を設計してもらう段階になると、またまたいろいろな問題が出てきました。家族それぞれに必要と考えるもの、反対に不要と考えるものが異なり、それらを整理しながら設計士等との、何度かの打合せを経て、ようやく何とか家族全員が納得できるような形のものになってきました。決して100点満点ではありませんが、全員が完全に満足するものは逆に無理なことなので、極力本人の希望を取り入れ、デザインよりも住みやすい家を目標に、自分たちの希望を最大限伝えプロの設計士等にも考えてもらいました。

最初に図面を書き始めてもらってから、3~4ヶ月、どうにか自分たちの住む家の図面が最終的な形となって出来上がりました。来月からは次の段階、基礎工事から始まる建築工事にかかります。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »