« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月26日 (土)

12月の「おしゃべり広場」の様子

12月の「おしゃべり広場」の様子

師走の慌ただしい中を、ご参加下さりありがとうございました。家族の方は途中で良くなられた当事者にもご参加いただき、いろいろとお話を聞きました。

参加者   家 族   6名

      当事者   6名

当事者の息子が、バイトでは経済的に苦しくなってきたので、家に帰りたいと言ってきた。今まで頑張ってきた息子を温かく迎えてやりたいと思う。

・親としては心配で仕方がないのに常に口出ししないで、息子さんの意思を大事にして接している姿に脱帽です。

本人は朝起きられない等規則正しい生活ができないのに仕事をしたいと言う。医者からはまずはリハビリにディケアへ通うように言われている。でも行かない。どのように接したら良いのか悩んでいる。

・すぐディケアに行くよりも、午後から買い物や遊びには行けるのだから、できやすい小さな目標をたてると良い。まずは好きなこと、できることを午前中に行うようにして、早く起きることに慣れてみてはという意見が出ました。

当事者の夫が、会社の都合で仕事が12月いっぱいで無くなることになった。かなり体調的にはきつかったので、今後のことを考えると不安があるが、いい潮時だったと思う。少しゆっくり休んでまた頑張ってほしいと思う。

・いつも前向きに考えられる奥様です。そんな奥様と二人三脚で頑張ってきたご主人。お疲れさまでした。

息子は、前は医者探しから何でも一人でして、外出ばかりしていた。いつもイライラして接するのが怖かった。家族で病気を理解しようと努力してきたからか今は、何もしないで家にいるけどにこにこしている。たわいもない話ができるようになった。

・今家に自分の居場所を見つけ、精神的にも肉体的にも休養できていると思われます。もう少しこの状態を続けられては。

当事者で、病気から回復した後状態をみる意味も込めて、いろいろな資格を取る方が増えてきています。取ることで自信にもつながりますし、再就職に役立つことになると思います。

前回眠りの質が悪く悩んでいたが、アドバイスに従い医者に申し出て調節してもらったところ、うまくいっている。体調も良くなり来月復職を考えている。

静養中に子供会の仕事を引き受けたが、対人関係の難しさに体調が悪くなり落ち込んでいる。

・話をお聞きしたところ、病気のため自分に悪いところがあると思い込んでいるようですが、そうではなく、たまたま自己中の人と関わったため振り回されているようです。周りからいろいろとアドバイスを受けていました。話を聞いてもらったことでとても心が軽くなったと話していました。

父親が病気になり入院したので、父に代わり当事者の自分がいろいろ対外的なことをすることになった。不慣れで大変だが休み休み何とかこなせている。

・今まで親の庇護のもと、病気ということで何もしないでずっと受け身の立場から、何かをやる立場に変わったが、それをできていることが素晴らしい。自立につながる。そのことに自信をもってほしいと当事者の皆さんからエールを送られました。

今年1年間ザフトにご参加いただきましてありがとうございました。それぞれ皆さまいろんなことがあったことと思います。来年が皆さまにとって良いお年になりますようスタッフ一同陰ながらお祈りしています。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

1月の「おしゃべり広場」のご案内

1月の「おしゃべり広場」のご案内

「おしゃべり広場」 

  1月19日(火)

   家 族 13:15~15:00 

   当事者 15:00~16:45

   柏市 柏中央公民館4F  創作室 2

「夜のおしゃべり広場」

  1月 15日(金)19:00~20:45

   我孫子市 けやきプラザ内

   我孫子南近隣センター 和室

 

回復されていたり・服薬しながら働いて

 いる当事者

八千代の「おしゃべり広場」

  1月 6日(水)13:00~16:00

   八千代市障害者福祉センター

  家族のみ

    

  皆様のご参加お待ちしています。

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

七転び八起き 163

◇1ヶ月に延びました

この病気を発症して以来、最初の数週間を除くと心療内科への通院は、ここ数年ずっと隔週のペースが続いてきました。

この通院のペースが私の生活サイクルにおいて最優先事項であり、これを中心として諸々の用件のスケジュールが決まっていく、と言う生活スタイルが長年続いてきました。その通院サイクルが最近状態が安定していると判断され、最近4週間に1回と言うサイクルに延びました。

そのことにより日頃(特に休日の)の生活自体の時間的余裕が全体的にでき、その結果としていろいろやりたいこと・やらなくてはならないことに使える時間的な自由度が生まれるとともに、当然のことながら自由な時間も増え、心理的にも余裕ができたような相乗効果を感じています。

せっかく手に入れた貴重な時間ですから、無為に過ごすことなく、その時々で大切に使っていこうと思っています。

(まあ当分の間は家作り関係の打合せに割くことになるのでしょうが・・・)

| | コメント (2)

2009年12月 6日 (日)

七転び八起き 162

◇我が家のマイホーム計画②

前回に引き続きマイホームの話をさせてもらいます。私の一方的な思いから始まった我が家のマイホーム計画、その道はやはり平坦なものではありませんでしたし、やってみて初めて大変なエネルギーとスタミナのいることもわかりました。最初は今後(老後)の生活や防犯の面からマンション派だった私ですが、話してみると私以外は家族全員一戸建てを希望(ずっと団地やマンション生活をしてきたことから)しており、最後には私も納得し、マイホーム探しが始まりました。

土地もかなりの数、現地を見に行きました。我が家が抱える資金力の中で探すとなると、場所も希望の地域から遠のくばかりで、なかなか希望する条件とは折り合わず、一時は夫婦二人とも少し冷却期間をおいた方がいいのかな、と半ばあきらめムードに陥りかけました。

それが急転直下、お願いしていた建設会社の1社から、好条件の物件が、しかも今の住居から5分程度のところに売りに出たからどうだと連絡が入りました。早速現地を見に行きましたが、特に問題となるようなこともなく、子供たちも特に異論はなく、即決に近い形で土地の購入が決まりました。

建物の方も、いろいろとこちらの要望を出しながら、間取りの話から始まり設計士との話し合いによる構造や細かなディテールについても徐々に整理され、図面上で少しずつ具体化し、かなりイメージが固まってきました。

これからはコーディネーターも交え色調やトータルイメージを考えた家具や調度品選び、電気機器類選定等、やるべきことはいろいろありますが、今後自分たちが暮らしていくためのものですから、労力をいとわず楽しみながら進めていけたらいいと思っています。“自分に無理のないペースで!!”

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »